金属熱処理受託加工・炎焼入れ・高周波焼入れ・プラズマ窒化

目的から選ぶ熱処理方法

 

目的別熱処理方法・・・

その目的により、最適な熱処理方法は異なります。当社で対応可能な熱処理方法を目的別にまとめました。

強さを増すため

焼入れ・焼き戻し

時効処理

硬くするため

焼入れ

疲れ強さを高めるため

焼入れ・焼き戻し

浸炭焼入れ

浸炭窒化焼入れ

高周波焼入れ

炎焼入れ

窒化処理

耐衝撃性を高めるため

焼入れ・焼き戻し

オーステンバー処理

耐摩耗性を高めるため

焼入れ・焼き戻し

浸炭焼入れ

浸炭窒化焼入れ

窒化処理

高周波焼入れ

炎焼入れ           

ばね性を高めるため

焼入れ・焼き戻し

低温焼なまし

オーステンバー処理

耐熱性を増すため

焼入れ・焼き戻し

窒化処理

耐食性を増すため

焼入れ(オーステナイト化)

固溶化熱処理

窒化処理

冷間加工性を高めるため

焼なまし(焼鈍)

被切削性を増すため

低炭素鋼・・・焼ならし(焼準)

中高炭素鋼・・・焼なまし(焼鈍)

低温ぜい性を防ぐため

焼入れ・焼き戻し

機械加工応力を除去するため

焼なまし(焼鈍)

応力除去焼鈍

組織を均一なものにするため

焼ならし(焼準)

焼なまし(焼鈍)

磁気特性を向上するため

焼なまし(焼鈍)

焼入れ

固溶化熱処理

時効処理

経年変化を防止するため

焼なまし(焼鈍)

クライオ処理

サブゼロ処理