金属熱処理受託加工・炎焼入れ・高周波焼入れ・プラズマ窒化

業務案内

高周波焼入れ

高周波焼入れ・・・火を使わない熱処理

高周波焼入れは、高周波誘導加熱を利用した被加熱物の表面を焼入れ温度まで急速加熱し、さらに急速冷却することにより表面層に焼入れ硬化層を作り、耐摩耗性を向上させ、機械的性質を高めます。

高周波焼入れ

=その特徴=

1.直接加熱のため熱効率が良く作業時間が短い
2.局所加熱ができ硬化層深さの選定も周波数により比較的容易である。
3.急速加熱、急冷処理のため酸化・脱炭 変形が少ない。
4.急熱・急冷のため大きな圧縮残留応力が発生し疲れ強さを向上する。
5. 表面硬さが高く優れた耐摩耗性が得られる。
6.作業の標準化、自動化が容易である。