金属熱処理受託加工・炎焼入れ・高周波焼入れ・プラズマ窒化

業務案内

炎焼入れ(フレーム・ハード)

炎(火炎)焼入れ(フレーム・ハード)・・・火を使う熱処理

炎(火炎)焼入れ(フレーム・ハード)は、鋼または鋳鉄の表面硬化法の一つとして、古くから取り入れられてきた焼入れ方法です。耐摩耗性を向上させ、機械的性質を高め、部分焼入れも可能です。

炎(火炎)焼入れ

=その特徴=

1.被処理品の形状や寸法に制限を受けない。
2.局部加熱ができる。
3.焼入れのための段取りが容易で速やかに作業ができる。
4.焼入れ硬化層範囲や深さの選定も比較的容易である。
5.急速加熱、急冷処理のため酸化、脱炭、変形が少ない。
6.硬化層硬さがゆるやかに低下していくので剥離の恐れがない。
7.機械構造用合金鋼は空冷でも表面硬化できるので焼割れの心配がない。
8.高周波焼入れ時のような治具・コイルを必要としない。